英上院「EU離脱法案の修正可決 」= メイ首相に打撃

3月7日、英上院は欧州連合(EU)離脱を通知する権限をメイ首相に与える法案に追加条件を加える修正案を賛成366、反対268で可決した。3日撮影(2017年 ロイター/Russell Cheyne)
(出典 ロイター http://jp.reuters.com/)

[ロンドン 7日 ロイター] – 英上院は7日、欧州連合(EU)離脱を通知する権限をメイ首相に与える法案に追加条件を加える修正案を賛成366、反対268で可決した。メイ首相は交渉を進める上で政府の手足を縛らないよう求めていたが、要請は無視された格好。
(出典 ロイター http://jp.reuters.com/)

欧州連合(EU)離脱手続き開始のためにリスボン条約50条を発動し、離脱の通告を行う権限をメイ首相に与える法案について、英上院は7日、修正案を賛成366、反対268の賛成多数で可決した。修正案は、離脱協議の最終合意案を拒否する一段の権限を議会に認め、離脱交渉の結果を議会に諮ることを義務付ける内容などが加えられた。

すでに離脱交渉の最終合意案を議会採決にかける方針を示している英政府にとって、交渉におけるメイ首相の能力を制限する事は最大の懸念材料である。EU側が英議会の反対によってブレグジットが頓挫することを期待し、悪い条件を提示する可能性があるからだ。

メイ首相はこれまで、悪い条件をのむよりは合意なしの方が望ましいとの考えを示しているが、上院の案が法制化されれば、議会の承認なしではできなくなる。

デービス離脱担当相は、政府は法案が下院に提出された際に修正を覆す構えだと述べたが、保守党の下院での過半数は17議席分にとどまり、少数の与党議員が造反しても修正案の否決が阻止されることがあり得るので、与党保守党から否決の阻止に動く造反議員の数が、今後の英国のブレグジットの行方を左右するポイントとして注目が集まっている。

関連記事

Antique Coin Selection


イギリス 1839年 ヴィクトリア女王
(powered by UNIVERSAL COIN
 
 

イギリス 1980年 エリザベス2世
(powered by UNIVERSAL COIN
 
 

イギリス 1937年 ジョージ6世
(powered by UNIVERSAL COIN

世界の主要マーケット指数

 
日経平均株価
東京 Chart (.N225)
REUTERS ロイター
 
 
ロンドンFTSE100
ロンドン Chart (.FTSE)
REUTERS ロイター
 
 
NYダウ
ニューヨーク Chart (.DJI)
REUTERS ロイター
 
 
USD / JPY

REUTERS ロイター
 
 
EUR / JPY

REUTERS ロイター
 
 
東京金価格(日本円 - JPY)
Price of Gold
Gold Price
 
 
NY金価格(米ドル - USD)
Price of Gold
Gold Price

Market Quotes by TradingView


政策金利表

Investing.com
Interest Rates powered by Investing.com.

 
 

 

国内株価・主要銘柄表


Market Quotes by TradingView


 

 


 
 
アンティークコインとは

 

株式会社ユニバーサルアセットコンサルティング

ページ上部へ戻る