ドイツのメルケル首相「訪米、トランプ大統領と初会談へ」

3月13日、ザイベルト独政府報道官は、ワシントンで14日に行われる米独首脳会談について、メルケル首相(写真)はトランプ大統領と幅広い問題について意見交換したい意向だと明らかにした。9日撮影(2017年 ロイター/Francois Lenoir/File photo)
(出典 ロイター http://jp.reuters.com/)

 

ザイベルト独政府報道官は13日、ワシントンで14日に行われる米独首脳会談について、メルケル首相はトランプ大統領と幅広い問題について意見交換したい意向だと明らかにした。

報道官は記者会見で「メルケル首相は米大統領と詳細にわたって意見交換できる今回の機会を楽しみにしている。ドイツと米国はパートナーであり、共通の利益は非常に多い」と述べた。

両首脳は2時間半以上会談し、その後、昼食を共にしながら話し合いを続ける予定としている。

(出典 ロイター http://jp.reuters.com/)

メルケル首相とトランプ大統領、溝を埋める事ができるか?

ドイツは、紛争中のシリアや他の地域から100万人以上の難民や移民を受け入れており、一方アメリカは難民や移民の受け入れに厳しい制限を掛けている。

メルケル首相は、トランプ大統領の特定の国を指定した入国禁止令を、「このような考えは、国際的に難民を支援・協力しようとする基本原則があるという私の解釈とは相いれません」、と批判している。一方トランプ大統領はメルケル首相の難民受け入れ策を、「壊滅的な過ちを犯した」、と批判してきた。

両氏の間の意見の隔たりは鮮明だが、今回の首脳会談は安全保障や過激派対策を話し合うとみられる。

トランプ政権が発足して、初めてとなるG20で、アメリカ第一主義を掲げるトランプ政権が保護主義的な政策を主張して波紋が広がる中、「自由貿易は参加者全員の利益になると確信している。保護主義に基づく世界経済の秩序は信頼できない」と語るメルケル首相が、どのようにトランプ大統領と対峙するのかが、焦点となっている。

関連記事



ピックアップ記事

外国為替レート


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

ビットコイン(BTC)レート


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

株価指数レート


ライブ世界の指数はInvesting.com 日本 によって機能されている。

商品先物レート


この商品価格はInvesting.com 日本によって提供されています。

ピックアップ記事

ライフ記事

ドル/円(1時間足)

日経平均(日中足)

NYダウ(日中足)

ナスダック(日中足)

ドル/円(3ヶ月)

ユーロ/ドル(3ヶ月)

日経平均(3ヶ月)

NYダウ(3ヶ月)

東京金(3ヶ月)

NY金(3ヶ月)

NY原油(3ヶ月)

ページ上部へ戻る