FOMCの声明とイエレン議長の会見

3月15日、米FRBはFOMCで、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント(bp)引き上げ0.75─1%とすることを決めた。写真はイエレンFRB議長。ワシントンで撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

2月の連邦公開市場委員会(FOMC)以降に入手した情報は、労働市場が引き締まり続け、経済活動が緩やかなペースで拡大し続けたことを示している。
雇用の伸びは引き続き堅調で、失業率はここ数カ月間、あまり変化がない。家計支出は緩やかに増加し続け、企業の設備投資はいくらか安定したようにみえる。ここ数四半期、インフレ率は上昇し、委員会の長期的な目標である2%に近づいている。エネルギーと食品の価格を除くと、インフレ率はあまり変わらず、2%をやや下回り続けた。将来のインフレを示す市場ベースの指標は低いままで、調査に基づいた長期的なインフレ期待の指標は、総じてあまり変わっていない。
(出典 ロイター http://jp.reuters.com/)
 

経済投資情報オンラインYoutube公式チャンネル
https://www.youtube.com/
channel/UC7eSbHWu6N5QcRYHx_mNIWw

3月FOMCは声明に加えて、経済見通しの公表とイエレン連邦準備理事会(FRB)議長会見を伴う会合であり、「金融政策がアメリカに良好な経済状態をもたらしている」、と言うイエレン議長の「自信」を感じさせるものとなった。

関連記事

経済ニュース記事

  1. 2017-5-17

    迷走する東芝「WDが法的措置を行使」= 上場廃止のリスク

  2. 2017-5-16

    迷走する東芝「WDとの対立が激化」= 経営状態は予断を許さない事態

  3. 2017-5-10

    フランス新大統領「エマニュエル・マクロン氏」= 未知数の手腕に世界中が注目

  4. 2017-5-9

    フランス大統領選挙2017 - Part2 「ルペンリスクの回避」

  5. 2017-5-9

    フランス大統領選挙2017 - Part1 「ルペンリスクの始まり」

  6. 2017-5-8

    ルペンリスクが後退「フランス大統領選挙」= ルペン氏は敗れ、マクロン氏が勝利

  7. 2017-5-7

    トランプ大統領「政権が誕生して100日が経過」= 政権運営は前途多難か?

  8. 2017-5-6

    ルペンリスク「フランス大統領選挙」= ルペン vs マクロン

  9. 2017-5-5

    北朝鮮リスク = 5/1~5/5

  10. 2017-5-4

    ルペンリスク「高まる反グローバルと反エリートの流れ」 = 背景にあるのは格差社会?

日経平均株価

金(ゴールド)

金価格(米ドル)
Price of Gold

金価格(日本円)
Price of Gold
Gold Price

NYダウ

市場相場は TradingView.com によって提供されています

S&P500

市場相場は TradingView.com によって提供されています

VIX指数

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ドル・インデックス

市場相場は TradingView.com によって提供されています

米国10年債利回り

市場相場は TradingView.com によって提供されています

政策金利表


Investing.com
Interest Rates powered by Investing.com.

ドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ユーロ / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ポンド / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

豪ドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

NZドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

スイスフラン / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ユーロ / ドル

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ポンド / ドル

市場相場は TradingView.com によって提供されています

注目のキーワード

世界の主要株価指数

ページ上部へ戻る