アンティークコイン「金持ちは、ますます金持ちになる」=資産を守りながら増やす投資法

(出典 アンティークコインの販売と鑑定代行|ユニバーサルコイン|

【書評】『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門』/西村直樹・著/幻冬舎/1500円+税

【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

究極の資産防衛は、アンティーク・コインだと断言する著者は、コイン商を営んでいる。だから、「ちょっと宣伝っぽいな」と思ったのだが、書いてあることが、的を射ているので、取り上げることにした。著者は、富裕層がいまアンティーク・コインで資産を増やしているというのだ。

ここでいうコインは、普通のコインではない。金貨を中心とする歴史的なコインだ。百万円から数千万円という高額の評価がつくアンティーク・コインは、この十年で248%も値上がりしているという。もちろん、コイン全体が値上がりしているわけではない。ごく一部の高額コインだけが値上がりしているのだ。その理由は、残存枚数が少なく、富裕層の間で奪い合いになっているからだ。

高額のものだけが値上がりするという現象は、実はあらゆる分野で起きている。例えば、婚約指輪のダイヤモンドは、その後、売りに出しても二束三文だが、数十億円のダイヤモンドは、購入価格よりも高く売れる。普通の車は十年も経てばタダになってしまうが、フェラーリなどの高級スポーツカーは、むしろ値上がりしていく。そうなる理由は、世界中で所得格差が拡大するなかで、低所得層が増えるのと同時に、富裕層も増えているからだ。

アンティーク・コインが富裕層の人気を集めるもう一つの理由は、相続税対策だ。いまや税務当局は、ほぼすべての財産を捕捉している。著者は、遠回しにしか書いていないのだが、ポケットに入るコインが捕捉しにくいのは事実だろう。

もちろん、こうした富裕層向けの資産は、リーマンショックのようなことが起きれば、値下がりするのだが、中長期でみれば、格差拡大のトレンドは、数百年のスパンで続いているので、値下がりのリスクは小さいと言えるだろう。

妖しい光を放つアンティーク金貨が語るのは、「金持ちはますます金持ちになる」という大原則だ。庶民の投資対象にはなり得ないコインだが、庶民とは無縁の世界だからこそ、本書は実に面白いのだ。
(出典 マネーポストWEB https://news.yahoo.co.jp/)

 

アンティークコイン投資とは?

世界には富裕層だけが知り得る世界、資産家以外は足を踏み入れる事が出来ない投資手法がある。それが、アンティークコイン投資だ。

アンティークコインとは、古い歴史を有する通貨(金貨・銀貨)の総称であり、日本ではまだなじみが薄いが、欧米の富裕層が古くから運用しているグローバルな現物資産の事である。

株式投資やFXによる利鞘狙いは、景気動向や金融危機、政治的なリスクイベントに左右される。不動産や絵画等は管理コストが掛る。

アンティークコイン投資は煩雑な手続きやメンテナンス、保管場所確保の必要が無く、他の投資では考えられない節税の効果と保全の優位性、更に匿名性や秘匿性を有しながらキャピタルゲインを狙う事が出来る。故に、世界中の富裕層がポートフォリオに組み込んでいる唯一無二の投資手法だ。
 

アンティークコイン投資の強み

アンティークコインが有する絶対的な強みは、既に現存枚数が限られている事だ。アンティークコインは人気やデザイン、そして保存状態や鑑定会社によるグレーディング等で価値が変動するが、一番影響が大きいのは需給バランスである。

紙幣のように供給量をコントロールする中央銀行のような所在は無く、アンティークコインは将来的に需給面においては、紛失などで減る事はあっても増える事は無い。時の経過と共に価値が永続的に上昇していく事を見込む事が出来る。更に、取得の為に口座開設等の煩雑な手続きは不要であり、プライバシーも守られ、小さくポータブル性に優れているので保管場所にも困らない。

それ故、アンティークコイン投資は、資産保全と資産運用の両方を有する最強の投資手法として、世界中の富裕層に選好されている。
 

庶民でも出来る、アンティークコイン投資

現物資産投資と聞くと、普通にオンライントレードで株やFXで資産運用をしている個人投資家から見れば、「知られざる上流階級の投資の世界」だと思う事だろう。確かに経済アナリストの森永卓郎氏の指摘の通り、現物資産投資は庶民の投資対象とはなり得ない、庶民にとっては無縁の世界という側面はあるが、実は他の現物資産投資と比べてアンティークコイン投資は、煩雑な手続きの必要も無く、プライバシーが守られて管理保管コストも掛らない為、一般の個人投資家でも入りやすい投資だ。

日頃から株やFXで投資をされている人なら、キャピタルゲインの概念は十分に熟知しているはずだ。それならば、自身の予算の範囲内で購入出来るアンティークコインをポートフォリオの一部に組み込む事で、様々なリスク要因から自己の資産を保全しながら長期でキャピタルゲインを狙う事が出来る。

株やFXでのオンライントレードだけの投資手法に不安を感じている人、限界を感じている人は、一度森永卓郎氏が紹介している『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門/西村直樹・著/幻冬舎/1500円+税』を読む事をお勧めする。

(出典 アンティークコインの販売と鑑定代行|ユニバーサルコイン|

きっと、投資における新しい発見と「金持ちはますます金持ちになる」という大原則の気付きが得られるだろう。

関連記事

経済ニュース記事

  1. 2017-5-17

    迷走する東芝「WDが法的措置を行使」= 上場廃止のリスク

  2. 2017-5-16

    迷走する東芝「WDとの対立が激化」= 経営状態は予断を許さない事態

  3. 2017-5-10

    フランス新大統領「エマニュエル・マクロン氏」= 未知数の手腕に世界中が注目

  4. 2017-5-9

    フランス大統領選挙2017 - Part2 「ルペンリスクの回避」

  5. 2017-5-9

    フランス大統領選挙2017 - Part1 「ルペンリスクの始まり」

  6. 2017-5-8

    ルペンリスクが後退「フランス大統領選挙」= ルペン氏は敗れ、マクロン氏が勝利

  7. 2017-5-7

    トランプ大統領「政権が誕生して100日が経過」= 政権運営は前途多難か?

  8. 2017-5-6

    ルペンリスク「フランス大統領選挙」= ルペン vs マクロン

  9. 2017-5-5

    北朝鮮リスク = 5/1~5/5

  10. 2017-5-4

    ルペンリスク「高まる反グローバルと反エリートの流れ」 = 背景にあるのは格差社会?

日経平均株価

金(ゴールド)

金価格(米ドル)
Price of Gold

金価格(日本円)
Price of Gold
Gold Price

NYダウ

市場相場は TradingView.com によって提供されています

S&P500

市場相場は TradingView.com によって提供されています

VIX指数

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ドル・インデックス

市場相場は TradingView.com によって提供されています

米国10年債利回り

市場相場は TradingView.com によって提供されています

政策金利表


Investing.com
Interest Rates powered by Investing.com.

ドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ユーロ / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ポンド / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

豪ドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

NZドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

スイスフラン / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ユーロ / ドル

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ポンド / ドル

市場相場は TradingView.com によって提供されています

注目のキーワード

世界の主要株価指数

ページ上部へ戻る