アンティークコイン投資「減る事はあっても、増える事はない」= 実物資産の強み

(出典 ユニバーサルコイン アンティークコインの販売と鑑定代行

株やFX、金(ゴールド)など、他の運用との大きな違い。

それは、アンティークコインそのものの“数”が限られている、ということ。
つまり“減ることはあっても、増えることは無い”。

希少性が高いため、その需要と供給の関係性から、
価値が永続的に向上していくのです。

すなわち「価値が上がることはあっても、下がることが無い」というのが
アンティークコインの最大の特徴であり、魅力のひとつ。
(出典 ユニバーサルコイン アンティークコインの販売と鑑定代行

 

国境や時代を超えた価値は金融危機にも動じない

これまで、アンティークコイン市場は海外の富裕層がほぼ独占していたが、最近はようやく日本でも注目度が上がってきた。有形の実物資産としてのアンティークコインの強みは、インフレに強い事はもちろんの事、他の実物資産と比較して希少性が高い為、その需要と供給の関係性から価値が長期的に向上していく事だ。

金融緩和によって金利の引き下げや紙幣の増刷が行われると、通貨の相対的な投資魅力や絶対価値は下がる。株も株式分割すると、会社全体の資産価値に変化はない為、持株に比例して株数が増加する事で、理論的には1株当たりの資産価値は減少する事になる。

他の実物資産のダイヤも金(ゴールド)も供給がコントロール(恣意的な供給量の制限)されているが、新たな供給が完全にストップする事は無い。

しかし、歴史の産物であるアンティークコインは、増えないどころか年々減る一方であり、時間の経過と共に希少性と価値が上がる。株価の上下動に一喜一憂せず、長期で保有する事で資産価値を保全しながら売買益を狙う事が出来るのが、アンティークコイン投資だ。

富裕層は資産を守りながら増やす

海外の富裕層達が、長きに渡ってそのポジションを維持する事が出来たのは、アンティークコインをポートフォリオに組み込む事で資産を保全しながら長期で運用をして、莫大な利益を手にしていたからである。これが経済アナリストの森永卓郎氏が指摘した、「金持ちはますます金持ちになる、という大原則」である。

妖しい光を放つアンティーク金貨が語るのは、「金持ちはますます金持ちになる」という大原則だ。庶民の投資対象にはなり得ないコインだが、庶民とは無縁の世界だからこそ、本書は実に面白いのだ。
(出典 Yahoo!ニュース
(出典 海外富裕層がやっている資産防衛 アンティークコイン投資入門

株やFXで果敢に攻めて行く投資手法だけでは、常にギャンブル的な損失や破産を被るリスクを保有する事になり、投下する資金が増えれば増える程、不確実性が高まる。

アンティークコインは庶民(一般の投資家)にとって完全に無縁の世界ではない。まず最初の一歩として、「破産をするリスク」をヘッジ(回避)する為に、保有資産の10%程度をアンティークコインで運用する事からはじめれば良い。

目先の相場の変動から利鞘を取る為、パソコンの前に長時間張り付いてトレードを日々繰り返すのではなく、少しずつアンティークコインの保有量を増やして、分散投資をして、ポートフォリオで管理する事で、破綻リスクを回避しながらストレスフリーの投資環境を構築する事が出来る。

関連記事

経済ニュース記事

  1. 2017-5-17

    迷走する東芝「WDが法的措置を行使」= 上場廃止のリスク

  2. 2017-5-16

    迷走する東芝「WDとの対立が激化」= 経営状態は予断を許さない事態

  3. 2017-5-10

    フランス新大統領「エマニュエル・マクロン氏」= 未知数の手腕に世界中が注目

  4. 2017-5-9

    フランス大統領選挙2017 - Part2 「ルペンリスクの回避」

  5. 2017-5-9

    フランス大統領選挙2017 - Part1 「ルペンリスクの始まり」

  6. 2017-5-8

    ルペンリスクが後退「フランス大統領選挙」= ルペン氏は敗れ、マクロン氏が勝利

  7. 2017-5-7

    トランプ大統領「政権が誕生して100日が経過」= 政権運営は前途多難か?

  8. 2017-5-6

    ルペンリスク「フランス大統領選挙」= ルペン vs マクロン

  9. 2017-5-5

    北朝鮮リスク = 5/1~5/5

  10. 2017-5-4

    ルペンリスク「高まる反グローバルと反エリートの流れ」 = 背景にあるのは格差社会?

日経平均株価

金(ゴールド)

金価格(米ドル)
Price of Gold

金価格(日本円)
Price of Gold
Gold Price

NYダウ

市場相場は TradingView.com によって提供されています

S&P500

市場相場は TradingView.com によって提供されています

VIX指数

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ドル・インデックス

市場相場は TradingView.com によって提供されています

米国10年債利回り

市場相場は TradingView.com によって提供されています

政策金利表


Investing.com
Interest Rates powered by Investing.com.

ドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ユーロ / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ポンド / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

豪ドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

NZドル / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

スイスフラン / 円

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ユーロ / ドル

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ポンド / ドル

市場相場は TradingView.com によって提供されています

注目のキーワード

世界の主要株価指数

ページ上部へ戻る