北朝鮮リスク 「ミサイル実験継続へ」 - 米国が軍事的な行動に出れば「全面戦争」

4月17日、北朝鮮の外務次官は、定期的にミサイル発射実験を続ける方針を示した。写真は、平壌で行われた軍事パレード。15日撮影(2017年 ロイター/Damir Sagolj)
(出典 REUTERS ロイター

北朝鮮の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は、定期的にミサイル発射実験を続けるほか、米国が軍事的な行動に出れば「全面戦争」を招くと警告した。

BBCが17日、インタビュー中の発言として伝えた。

BBCによると、同次官は「週、月、年ベースでさらなるミサイル実験を行う」と言明。「米国が軍事的手段を活用するほど向こう見ずな態度に出れば、まさにその日から全面戦争(が始まること)を意味することになる」と述べた。

核兵器で、米国の軍事的脅威から自国を防衛すると確信しているとも語ったという。
(出典 REUTERS ロイター

 

北朝鮮は新たな挑発も辞さない姿勢

国連の安全保障理事会では、4月28日に北朝鮮の核問題を含む核の不拡散について公開討論が行われる事になっているが、これについて北朝鮮のキム国連次席大使は17日、記者会見を開き「われわれは自力で軍事力を増強し、平和と安全を守る」と述べて反発をした。

更に、この中でキム国連次席大使は、トランプ政権が「最大限の圧力と関与」でアメリカ海軍の空母打撃群を朝鮮半島に近い西太平洋に向かわせている事ことについて「北朝鮮に対する侵略作戦が重要な段階に入った」と述べた。
 

有事の円買い

以前は「有事のドル買い」がマーケットの共通認識だったが、最近の為替相場では、「有事の円買い」が常識になっている。

北朝鮮を巡るリスク、軍事衝突も起きかねない一触即発の緊張が高まる中、安全資産の代表格となった円に「買い」が集中すると見られているが、投機筋が逆の仕掛けでマーケットを揺さぶってくる可能性も否定できないので注意が必要だ。

関連記事

ピックアップ経済ニュース

  1. 3月14日、東芝の綱川智社長(写真)は会見で、米ウエスチングハウスの米連邦破産法11条の適用申請に関…
  2. 4月11日、東芝の綱川智社長(写真)は、決算は適正との監査意見を得られないまま発表に踏み切ったことに…
  3. 3月15日、米FRBはFOMCで、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を25ベーシスポイント(b…
  4. 東芝(6502.T)は米国の原子力事業子会社、ウエスチングハウス(WH)について、3月31日に米国の…
  5. トランプ米大統領は10日、安倍晋三首相との会談後の共同会見で、日米同盟は地域の平和と安定の礎であり、…
  6. 3月24日、トランプ米大統領は、オバマケア代替法案の下院採決取り止めを指示した。写真はホワイトハウス…
  7. 4月7日、旧村上ファンド出身者が設立した投資ファンドのエフィッシモ・キャピタル・マネージメントが、東…
  8. 3月15日、オランダで15日行われた下院選挙(定数150議席)では、、ルッテ首相率いる与党の中道右派…
  9. 入国禁止の大統領令に抗議する人々(出典 CNN.co.jp) ワシントン(CNN) 米国のトランプ…
  10. 月11日、終盤のニューヨーク外為市場では、地政学リスクの高まりを背景に、安全通貨とされる円が主要通貨…

投資コラム

  1. (出典 ロイター http://jp.reuters.com/) 自分は若いから大丈夫? …
  2. ※2015年の古いロイター記事の引用です。 11月11日、ドイツのショイブレ財務相(写真)は、…
  3. 仮想通貨ビットコインの価値が初めて金1オンスの価格を上回った。ビットコインは2日に1268ドル(約1…
  4. (出典 ロイター http://jp.reuters.com/) 2015年1月1日に施行され…
  5. 投資=労働者から抜け出す為の手段 これまでの日本は、一億総中流と呼ばれ格差の境界線…

世界の時間



世界の株価指数


ライブ世界の指数はInvesting.com 日本 によって機能されている。

商品先物


この商品価格はInvesting.com 日本によって提供されています。

外国為替レート


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

ビットコイン(BTC)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

経済ニュース

NYダウ(日中足)

ナスダック(日中足)

ドル/円(3ヶ月)

ユーロ/ドル(3ヶ月)

日経平均(3ヶ月)

NYダウ(3ヶ月)

東京金(3ヶ月)

NY金(3ヶ月)

NY原油(3ヶ月)

ページ上部へ戻る