ルペンリスクが後退「フランス大統領選挙」= ルペン氏は敗れ、マクロン氏が勝利

5月7日、フランス大統領選決選投票は、中道系候補のエマニュエル・マクロン氏が勝利を手にした。だが万事がうまくいったとしても、同氏は限定的な改革をやり遂げるのが関の山だろう。写真はパリで撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

7日行われたフランス大統領選挙の決選投票は、親欧州連合(EU)派の中道・独立系候補エマニュエル・マクロン氏が、反EU派の極右・国民戦線のマリーヌ・ルペン候補を破り、第25代大統領の座を手にした。

昨年12月のオーストリア大統領選、今年3月のオランダ下院選、そして今回のフランス大統領選と、反EU派のポピュリスト政党の勝利が相次いで阻止され、これで欧州の政治不安は一服しそうだ。

追加支援協議が暗礁に乗り上げていたギリシャも、支援再開で近く合意に達しそうだ。秋のドイツ連邦議会選では、アンゲラ・メルケル首相の4選続投が有力視されている。仮にマルティン・シュルツ前欧州議会議長が率いる中道左派政党に第1党の座を奪われたとしても、親EU政権が誕生することに変わりはない。

ポピュリストの次の標的とされるイタリアでは、与党のお家騒動や予算審議日程もあり、総選挙は来年春の議会任期満了を待って行われる可能性が高い。今年最大の政治リスクを無難に通過したことで、欧州を巡る市場参加者の関心は欧州中央銀行(ECB)の緩和縮小(テーパリング)の行方にシフトしよう。
(出典 REUTERS ロイター

 

ルペンリスクの後退でリスクオン

フランス大統領選挙の決選投票が5月7日に行われ、中道で無所属のマクロン候補が極右政党のルペン候補を破り、勝利した。フランス内務省によると、マクロン氏の得票率が66.06%で、ルペン氏は33.94%で、マクロン氏がルペン氏を大きく引き離した。

勝利が確実になったと伝えられたことを受けて、マクロン氏は支持者の前で勝利宣言をした。一方、極右政党「国民戦線」のルペン氏は、投票締め切り直後に敗北宣言をした。

結果はおおかたの予想通りだったと言えるが、EU残留を唱える大統領が誕生することで混乱が避けられることを好感し、投資家の間で安心感が広がった。

ルペンリスク後退を受けて週明けの取り引きが始まったオセアニアの外国為替相場は、リスクオンムードが形成されて、安全資産として買われていた円を売ってドルやユーロを買う動きが強まり、ユーロ/円は一時124.50付近まで上昇した。

また、東京の株式相場も朝方からリスクオン一色の展開となった。ルペンリスクの回避によって、相場の流れは大きく買い優勢となり、日経平均株価は一時480円高強の急騰を演じて年初来高値を更新した。このままリスクオンムードが持続すれば、2万円大台復帰と更なる上昇シナリオも現実味を帯びてくることになる。

日経平均
19,895.70(+450.00)

TOPIX
1,585.86(+35.56)
 

史上最年少の大統領

親EUで超党派の市民運動「前進」を率いるマクロン氏は、39歳で史上最年少の大統領になると同時に、第2次大戦後のフランスの政治をけん引してきた二大既成政党に属さない、これまで政権を担ったことのない政治勢力から初めての大統領となる。

欧州政治はギリシャ問題やブレグジット、台頭するポピュリズムなど難局が続いていたが、今回のフランス大統領選挙でのマクロン氏の勝利を受けて、一層の危機をひとまず回避した。また、今回のルペン氏の敗北、マクロン氏の勝利の選挙結果はドイツ、イタリアなど他の欧州主要国の総選挙にも影響を与えるとみられる。
 

ルペンリスクは消えたのか?

マクロン氏は早速、ドイツのメルケル首相と会談する意向を明らかにするなど、若さと行動力をアピールしているが、強固な支持基盤を持っていないマクロン氏の政権運営は、議会での支持基盤をどの程度確立できるかが重要な鍵になる。

ルペン氏は敗れたものの、得票率は、父親のジャンマリ・ルペン氏が2002年の大統領選に出馬した際の得票率のほぼ2倍で、極右政党候補者の得票率としては過去最高だった。

今回の選挙の登録有権者は4700万人。無効投票の割合は11.5%と過去最高。棄権率は25.38%と、過去最高に近い水準。

マクロン氏は、オランド政権で経済相を務めたものの政治経験が乏しい。しかし、今回の選挙では1世紀にわたり左派あるいは右派が支配する政治の構図を変える存在にのしあがった。カズヌーブ首相は、フランスが欧州の中心的地位の維持を選択したと述べた。

ナポレオン以降、フランスで最年少の指導者となるマクロン氏にとって、目先の試練は来月の議会選だ。議会の勢力図が、マクロン氏が目指す改革の実現に大きく影響する。
(出典 REUTERS ロイター

今回の選挙結果を受けて、マーケットインパクトは大きなリスクオン相場を形成したが、はたして、それは限定的なのか?それとも持続性があるのか?EUとの関係重視を訴えているマクロン氏の勝利で、はたして、欧州の混乱は避けられ、ポピュリズムと自国第一主義の動きに歯止めをかけることになるのか?各国の要人発言や憶測報道も含めて、今後の相場の動きを注視する必要がある。

一方で、ルペン氏も国民戦線の候補としては、これまでで最も多い1千万を超える票を獲得した。EU離脱を支持する有権者が3分の1程度いたことも明らかになったわけで、これはフランス国内で高まるEU統合や移民の受け入れへの国民の不満を反映した形と言える。

反EUと反移民、そして反グローバルを訴える人々の不満をどう受け止めて国を一つにまとめるかが、マクロン次期大統領の大きな課題となる。

関連記事

あなたは1分間の恋をする(美人時計)


  (bijin - tokei 美人時計

世界の主要マーケット指数

日経平均株価
東京 Chart (.N225)
REUTERS ロイター
 
 
ロンドンFTSE100
ロンドン Chart (.FTSE)
REUTERS ロイター
 
 
NYダウ
ニューヨーク Chart (.DJI)
REUTERS ロイター
 
 
USD / JPY

REUTERS ロイター
 
 
EUR / JPY

REUTERS ロイター
 
 
東京金価格(日本円 - JPY - NY Time)
Price of Gold
Gold Price
 
 
NY金価格(米ドル - USD - NY Time)
Price of Gold
Gold Price
 
 
政策金利表

Investing.com
Interest Rates powered by Investing.com.

 
 


Market Quotes by TradingView

Antique Coin Selection


イギリス 1839年 ヴィクトリア女王
ユニバーサルコイン
 
 
 
 
アンティークコイン 金貨
イギリス 1826年 ジョージ4世
ユニバーサルコイン
 
 
 
 
エドワード7世 金貨
イギリス 1902年 エドワード7世
ユニバーサルコイン
 
 
 
 

イギリス 1937年 ジョージ6世
ユニバーサルコイン
 
 
 
 
アンティークコイン 金貨
フランス 1803年 ナポレオン1世
ユニバーサルコイン
 
 
 
 

イギリス 1893年 ヴィクトリア女王
ユニバーサルコイン
 
 
 
 

イギリス 1980年 エリザベス2世
ユニバーサルコイン
 
 
 
 

スイス 1925年 アルプスの少女
ユニバーサルコイン
 
 
 
 

イギリス 1999年 ダイアナ妃追悼
ユニバーサルコイン
 
 
 
 

オーストリア 1908年 雲上の女神
ユニバーサルコイン

Link (Investment)


 
 
アンティークコインとは

 

株式会社ユニバーサルアセットコンサルティング

ページ上部へ戻る