アンティークコイン投資 = 最強のオルタナティブ投資

(出典 アンティークコインの販売と鑑定代行|ユニバーサルコイン|

あの2008年のリーマンショック時にも、その価値は動じることがありませんでした。

数多くの投資家に打撃を与えた株の大暴落が、逆に、アンティークコインの実力を証明する形になったのです。

その価格上昇率は、年平均120%~125%とも言われます。

この数値ですら平均値であり、100万円以上のものは、150%を超すものも多数存在するのです。

(出典 アンティークコインの販売と鑑定代行|ユニバーサルコイン|

分散投資の切り札であるコモディティ投資の中に、景気動向にも金融危機にも左右されない、知られざる実物資産があるという。相場は急上昇、保管場所もメンテナンスも不要な夢の商品について、世界的なコレクターである専門家に聞いてみた。

◆最強のコモディティを発見!経年とともに価値はうなぎのぼり!!

「アンティーク・コインの相場はこの10年で248%値上がりしており、年利にすると25%。’08年のリーマンショックでも値下がりするどころか、逆に上昇に拍車がかかったほどです」

そう語るのは、作家でアンティーク・コインの世界的なコレクターとしても知られる加治将一氏だ。

日本ではなじみが薄いが、加治氏によると欧米ではアンティーク・コイン投資は一般的で、ヨーロッパの銀行には専門の部署があるほど。アメリカでも街角のいたるところにコインショップがあり、コレクターの数は世界で300万人以上といわれている。古くは古代ギリシャまでさかのぼり、世界中に熱烈な愛好家を持つこうした年代モノの硬貨が、投資対象として注目されているというのだ。

◆富裕層の増加で需要も価格も急上昇

「アンティーク・コインの価格は現存枚数やデザイン、状態などで決まりますが、最も影響が大きいのは需給のバランスです。コインの供給は減ることはあっても増えることはないうえ、主な買い手である富裕層は新興国を中心に世界中で増加している。だから相場は一本調子に上がっているのです」

さらに、これまでは専門店とオークションだけだった流通経路に、インターネットという新しい手段が加わったことで、売買が活発になったことも値上がりに拍車をかけているという。

「富裕層は一度手に入れると、よほどカネに困らない限り売ることはないので、時間がたてばたつほど需給がひっ迫し価値は上がります。これから価格は10倍、20倍に値上がりしてもおかしくない」
(出典 日刊SPA!年利20%超! アンティーク・コイン投資とは?

 

オルタナティブ投資とは?

オルタナティブ投資とは、投資資金の運用の形態を表す言葉で、債権や上場銘柄の株式などの伝統的資産とは異なる資産に投資する手法のことである。アメリカのトップ大学のエンダウメント(大学の財団、基金)のポートフォリオでは、オルタナティブ資産への投資割合が高く、大学基金だけではなく年金基金などの巨額の資金を運用する運用会社も、昨今はオルタナティブ資産(リターンの源泉が非伝統的な資産)に注目している。

オルタナティブ投資の特徴の一つに、投資期間が長期であることが挙げられる。代表的な投資対象に、不動産や農産物があるが、いずれも資金を投下してから、その後資金を回収して利益を上げるまでの期間は、一般的に長い。

また、金(ゴールド)も他の伝統的な資産と比較して優位性と人気の高いオルタナティブ資産の一つだ。2007年~2009年の世界金融危機では伝統的な投資手法との相関性の低さが顕著に見られ、その強みを発揮したと言える。金融危機が世界中に広がり、株式は急落したが金の下落幅は比較的低く、主要株価指数に先立って上昇に転じた。
 

絶対収益の追求

「絶対収益の追求」とは、必ず収益を上げるという意味ではなく、市場の上げ下げに左右されることなく収益の獲得を実現していこうというもの。例えば株式投資の場合、過小評価された銘柄を買い、過大評価された銘柄を売り、ロングとショートの双方のポジションを保有する運用手法であり、市場動向には左右されにくいものの、トレーダーのスキルが運用成果の重要な要因になるので、個人の株式投資家が簡単に模倣できる投資手法とは言えない。

不動産投資は上級者用の投資だと理解した方が良いだろう。株・FXと比較して売買しようとするときの方法における技術的差異を理解していない個人投資家が、高い流動性リスクを有する不動産投資に安易に手を出すと、大きな損失を被る危険性が高い。

また、不動産投資で一番恐ろしいのは、ローン残債が所有している不動産の市場価格を上回ってしまう事だ。更に、損切りをしたくても、損失確定後、ローン残債を補てんするだけの自己資金が無いと、非常に苦しい宙ぶらりん状態が継続してしまう。最悪の場合は自己破産に追い込まれる。

金投資は、金融危機や地政学的なリスク等に備えた資産保全として、優位性が高い投資手法だ。株やFX投資をメインに行っている個人投資家が、有事に強い実物資産として金地金をポートフォリオに組み込む事は、理にかなった分散投資の手法と言える。

しかし、金投資はアンティークコイン投資と比較した場合、劣る点がある。

金は需要と供給の関係だけで価格が決まるのではない。金の価格は、実需や商品先物取引だけではなく、金鉱山会社の生産コストに連動している。つまり原油相場や生産国通貨の為替相場に左右されており、アンティークコインと比較して相場変動の不確実性は高い。

また、金は発行体となる国がない、いわば「無国籍通貨」なので匿名性や秘匿性の高い投資手法だったが、ビットコイン等の仮想通貨の台頭と、所得税法の改正で「支払調書制度」が導入された事で、その優位性を失ってしまった。
 

アンティークコイン投資=最強のオルタナティブ投資

国際的な鑑定格付機関からグレードが付与されたアンティークコインは、金相場の変動や金融危機、そして地政学的なリスクの影響をほとんど受けず、更に年を経るごとに行方不明になるコインがあるので、残存枚数は減る事はあっても増える事はない。

つまり、数が限られている事で長く保有すればするほど、その需要と供給の関係性から希少価値が着実に上がって行く。ここに、長期投資としてのアンティークコインの絶対的な優位性が存在する。

金地金も、金としての現物価値は普遍であり、実物資産としての大きな強みを有しているが、保有後に年数が経ったからといって新たに希少価値が発生することはなく、更に金鉱山会社の恣意的なコントロールや相場変動のリスクも高い。

アンティークコインは、金融危機やテールリスクにも動じない、高い資産保全効果を有している。そして、長期保有で希少価値の上昇と共に売買益を狙うことができる。更にインフレ・ヘッジにも強みを持ち、匿名性や秘匿性を備えている。まさに、アンティークコイン投資は「絶対収益の追求」を目指せる「最強のオルタナティブ投資」だと言える。

資産保全と長期投資の手段としてアンティークコイン投資を選好して、伝統的な投資の代替えとしてポートフォリオに組み込んでいる欧米の富裕層は、アンティークコイン投資の圧倒的な「強み」を十分に熟知しているのだ。

【書評】『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門』/西村直樹・著/幻冬舎/1500円+税

【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

究極の資産防衛は、アンティーク・コインだと断言する著者は、コイン商を営んでいる。だから、「ちょっと宣伝っぽいな」と思ったのだが、書いてあることが、的を射ているので、取り上げることにした。著者は、富裕層がいまアンティーク・コインで資産を増やしているというのだ。

ここでいうコインは、普通のコインではない。金貨を中心とする歴史的なコインだ。百万円から数千万円という高額の評価がつくアンティーク・コインは、この十年で248%も値上がりしているという。もちろん、コイン全体が値上がりしているわけではない。ごく一部の高額コインだけが値上がりしているのだ。その理由は、残存枚数が少なく、富裕層の間で奪い合いになっているからだ。

高額のものだけが値上がりするという現象は、実はあらゆる分野で起きている。例えば、婚約指輪のダイヤモンドは、その後、売りに出しても二束三文だが、数十億円のダイヤモンドは、購入価格よりも高く売れる。普通の車は十年も経てばタダになってしまうが、フェラーリなどの高級スポーツカーは、むしろ値上がりしていく。そうなる理由は、世界中で所得格差が拡大するなかで、低所得層が増えるのと同時に、富裕層も増えているからだ。
(出典 マネーポストWEB「金持ちはますます金持ちになる」という大原則

 

アンティークコイン投資のはじめ方

はじめてアンティークコイン投資を行うなら、まずは総資産の10%程度をアンティークコインで所有して、運用ポートフォリオに組み込む事からはじめれば良い。最初は無理をせずに投資資金の予算内で実物資産のポートフォリオを作成し、アンティークコイン投資の経験を積んで、相場観やコインの種類や状態を見る目を養うのが良いだろう。

アンティークコイン投資を始める方法は、コインオークションで購入する方法と、コイン商(国内ディーラー)で購入する方法の二つがある。

最初の内はオークションではなく、信頼の置けるコイン商(国内ディーラー)で購入する方が無難だ。初心者が、コインの時価評価や客観的なパフォーマンスデータを自力で分析する事は難しい。 また、ヤフオクや各種オークション等で相場のもとになっている数字の信憑性事態を正確に吟味するのも困難だ。また、インターネットオークションでは偽物をつかまされるリスクもある。

更に、過去に優れたパフォーマンスを上げたコインが、今後の投資対象として、どこまで優れているのかを見極めるには、アンティークコイン投資を戦略的に考える専門家のアドバイスやコンサルティングが必要不可欠だ。

投資経験が浅い個人がアンティークコイン投資を行うのならば、投資の仕組みとリスクをしっかりと理解した上で取り組む必要があるので、可能であれば実際の店舗を有し、更に、アンティークコイン投資の戦略を立案できる「コインアドバイザー」が常駐しているコイン商で取引するのが、良いだろう。
 

コイン商

現在、グーグルで「アンティークコイン」と検索を掛けると「ユニバーサルコイン」が常に最上位に表示される。ユニバーサルコインはインターネット取引に加えて、銀座に実店舗とギャラリーを備えているので、「フェイス・トゥ・フェイス(直接対話)でアンティークコイン投資の相談が出来る」コイン商だ。また、経済アナリストの森永卓郎さんに書評された書籍(『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門』/西村直樹・著/幻冬舎/1500円+税)も出版している。

アンティークコインの販売と鑑定代行|ユニバーサルコイン|

ユニバーサルコインのサイトは、アンティークコイン投資に関する詳細な情報とデータが掲載されているので、実物資産投資の初心者は、見るだけでも初歩的な投資のイロハが学べることだろう。

インターネット取引のみを行っているコイン商も多い中、ユニバーサルコインはインターネット取引も行っているが、随時セミナーや相談会を開催しており、「フェイス・トゥ・フェイスのビジネスモデル」にこだわりと信頼が感じ取れる。

アンティークコイン投資は、コイン商との信頼関係を築いていくことが何よりも大切なことだ。ユニバーサルコインの店舗には「コインコンサルタント」が常駐しているので、実物資産投資の初心者はまず、資産運用や資産保全の相談をフェイス・トゥ・フェイスで受けて見るのも良いだろう。

関連記事

あなたは1分間の恋をする - 美人時計

 


  (bijin - tokei 美人時計
 

世界の主要マーケット指数

 
日経平均株価
東京 Chart (.N225)
REUTERS ロイター
 
 
ロンドンFTSE100
ロンドン Chart (.FTSE)
REUTERS ロイター
 
 
NYダウ
ニューヨーク Chart (.DJI)
REUTERS ロイター
 
 
USD / JPY

REUTERS ロイター
 
 
EUR / JPY

REUTERS ロイター
 
 
東京金価格(日本円 - JPY)
Price of Gold
Gold Price
 
 
NY金価格(米ドル - USD)
Price of Gold
Gold Price

Market Quotes by TradingView


 
政策金利表

Investing.com
Interest Rates powered by Investing.com.

 
 

国内株価・主要銘柄表


Market Quotes by TradingView


 

ユニバーサルコイン
 


 
 
アンティークコインとは

 

株式会社ユニバーサルアセットコンサルティング

ページ上部へ戻る